生まれて初めての入院

4回のお産での入院を除いて、生まれて初めて二泊三日の入院をしてきた。

病名は、右下肢静脈瘤で血管内レーザー焼灼術、静脈瘤切除術の手である。

はじめの内は、半分休養気分でワクワク気味だったが、全身麻酔などと聞くと

だんだん心細くなり、本当に目が覚めるのだろうか、成功しても今までのように

走れるようになるのだろうか、不安が胸をよぎる。

初めて乗った手術台、次に目覚めた時は、右足は太ももまで包帯でぐるぐる巻き・・・

でも今日、自分の足で無事に帰ってこれた。

今日の佐賀地方は、穏やかな快晴のもと、バルーン数機が遊泳していた。

病室からの眺めは、最高で、病院食も栄養など細やかに計算され、味も良かった。

SANY0005 (2).jpg

SANY0012.jpg

SANY0013.jpg


コメント

うめちゃん :

まア・・痛かったですか? お見舞いもうしあげます。
孝子さんは細いし、ここまで走る人だから静脈瘤には縁のない方だと思っていました。
レザー手術も入院が必要なんですね。痛かった??

私も二十歳以前から下肢にありまして、一頃は長く歩いたりすると蚯蚓腫れみたいになり痛痒かったり、直角に千枚通しでグーと突き刺された様な痛みがあったりしていました。
ここ数年は習ったフットケアを日常生活の中で意図的にすることで以前の症状はそう感じられなく無くなりました。
でも、血管の中の詰りの一片が脳や心臓の血管にとんだらどうしようと不安になることもあります。

パワーアップですね。
暫くは落ち着く迄安静ですか?  お大事にね。

店長 :

うめちゃん、そんなに若いころから?

私は、さほど痛みは感じていなかったけど、子供達から勧められ

意を決して、血管外科を受診したわけです。

全身麻酔だったので、目が覚めたときは、終わってました。

術後が、少し痛いですね。退院早々家事や仕事したせいか、腫れがひかな

いようです。この分では、時間かかりそう、走れるまでには・・・

そんなこんなで姫路マラソン不参加、来月の名古屋は何とか走りたいと

思ってますが、無理かも・・・

うめちゃんもこの際受診してみたら?

伊藤 菜穂子 :

 
 あら、大変でしたね…
 今頃ですが、タイトルみてびっくりです。

 どうぞ、お大事になさってくださいね!
 もしや、佐大の付属病院(旧医大の付属病院)ですか?

店長 :

菜穂子さん、ご心配かけてます。

医大ではなく、好生館です。

できたてのほやほやで、何もかも綺麗で、ビジネスホテル並みでした。

もう少しゆっくり入院したかったのですが、大きな病院は、無理ですね。

コメントする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.



青花ネットショップ